ホームへ

1年で840点突破!

単語帳などで別途単語を勉強する必要がありますか?

広告

Q:単語用の教材が紹介されていませんが、別途単語帳などで勉強する必要があるのですか?

A:不要です。紹介されている教材を進めることで必要な単語は自然と身につきます。

英単語を身につけようと考えたとき、どうしても単語帳で一つずつ覚えるものだと思う方が多いのですが、そのような勉強方法は効率が悪いです。

これは、単語は単体ではなく前後の語とあわせた文となったときに意味を持つことと、状態がイメージできないと記憶に残りにくいためです。

Z会の人気単語帳、速読英単語やリンガメタリカは単語帳といいながら内容は長文集です。それは単語は単体で覚えるものではなく、文章の中で身に着けるものだからです。

日本語だって、辞書のような単語の羅列を見て覚えたわけではありませんよね?それにストーリーや文の流れのなかで単語を見ていかないと、正しい意味や単語の持つニュアンスをつかむことはできません。

また、ストーリーの中で覚えるほうが記憶に残りやすいです。

歌の歌詞、一部分だけ思い出すのは難しいですが、全体を歌いながらだと思い出しながら歌えたりしますよね?同じです。

一つずつの単語ではなく、ストーリーやフレーズなど、頭に状態をイメージできる形で覚えていくのが効率的なんです。

では長文形式の単語帳が必要かといえば、1年勉強法の間は不要です。必要な単語は紹介している教材で十分身につきます。

中学レベルの単語が完全に身についていればTOEIC 720点は超えられます。なので、音読筆写を終えたころには720点分の単語力は身についています。

TOEIC 860点に必要な分はTOEIC公式問題集をマスターすれば身につきます。
わからない単語がでてきても、1年勉強をしっかりやっていれば不明な単語の意味を予測する力も身についています。

900点を超えようとしたときはさすがに紹介している教材だけでは足りません^^;

さらに上を目指すなら、英会話とTOEIC860超えで1年勉強法以後の単語、文法の教材を紹介していますので参考にしてください。

上に