ホームへ

1年で840点突破!

英語学習におすすめの音楽プレイヤー

音楽プレイヤー

直挿しのプレイヤーがおすすめ。ノイズキャンセリングは不要

USB直挿のプレイヤー

USB直挿のプレイヤー一覧へ

2,000円程度からあります(Amazon)

どの本で勉強するにしても、音声のリスニングが必ずありますので英語音声が聞ける環境が必要です。

CDの音声をスマートフォンに保存して聞いても問題ないですが、音楽プレイヤーのほうが使い勝手がよいですし、スマートフォンのバッテリーを気にしなくてよいので、個人的にはオーディオプレイヤーの購入をお勧めします。
USB経由で車内でも簡単に再生できるというのも個人的にはよかったです。

特にお勧めするのが、
・直挿しで、USB端子に本体を直接接続できる
・ノイズキャンセリングはいらない
・安い

を満たす、ポータブルオーディオプレイヤーです。2000円程度から購入できるので、モバイルバッテリー買うより安いくらいです。

直挿しは便利

CDをそのまま使うタイプでもかまいませんがMP3プレイヤーなど、データを入れるタイプが振動による音とびもないのでおすすめです。

ポータブルオーディオプレイヤーと呼ばれるものはかなりの種類がありますが、私のおすすめはパソコンのUSBコネクタに本体を直挿しする、直接接続タイプです。

ケーブルを使用するタイプだと通常はパソコンとの接続には専用ケーブルを使います。そして本体購入時にはケーブルが1本だけ付属しています。

「パソコンが1台だけだからそれでも問題ない」
と思うかもしれませんが、案外これが不便で、「出かけた先でバッテリーが無くなった」なんてときは充電できません。

通常のミニUSBケーブルで接続するものでも、ケーブルが無いと同じことです。

音楽プレイヤーを車に接続

車のUSB端子。便利すぎ

直接接続ならケーブル不要でどんなPCにでも接続できます。
USB端子があるパソコンなら何でもO.K。さらに、データの追加・削除に専用ソフトは不要です。

自宅、勤務先、ホテル、どこでも充電でき、音声データの追加・削除もどこのパソコンでも可能です。もう便利すぎです。

また、最近は車にもUSB端子があります。
これを使えばカーオーディオでいつもどおりのリスニングトレーニングをしながらプレイヤーの充電までできます。

直接接続はコンパクト。だからこその弱点も

直接接続するタイプは非常にコンパクトです。持ち運びには便利ですが、小さい分、本体の液晶画面が小さいです。

そのため、動画を見る機能がありません

私は以前、動画再生ができるSONYのWALKMAN(ウォークマン)を使ってました。SONYのサイトから英語の動画も購入できて便利でしたよ。今ならまたやりたいなって思います。
WALKMANは2万円程度と高級機ですが、他にも6000円程度から動画再生可能なタイプ出ています。

「動画が再生できるタイプのほうがイイじゃないか」って思いそうですが、そうでもないです。

USB直接接続はケーブルはいらないし、小さいし、バッテリーは長持ちするし。

何より、動画で勉強するならスマホでいいし。

そんなわけで、直接接続のプレイヤーは動画が再生できないけれど、それで十分です

雑音まじりが英語力を鍛える

周囲の雑音を防ぐ、ノイズキャンセリングやインナーイヤーイヤホン(カナルイヤホン)は使わないでください!

詳しくは、「英会話ぜったい音読 【標準編】・【続・標準編】の勉強方法」の「普段から音声を聞いておく」の箇所で解説していますが、雑音混ざりの中で英語を聞いてこそ、本当のリスニング力は鍛えられます。

イヤホンも周囲の雑音が入りやすい、耳掛けのイヤフィットヘッドホン を使うようにしましょう。

あると助かる電子辞書

電子辞書一覧

英英辞典を収録した電子辞書の一覧

7000円程度から(Amazon)

必須では無いですが電子辞書もあると勉強効率が上がります。上手に使うと英語の読解力トレーニングにもなるのでおすすめです。

特に、英英辞典が収録されているものがおすすめです。(私が使っていたのはPW-AM700。手ごろな価格なのに「OXFORD現代英英辞典」が収録されているのが素晴らしいです。古すぎてもうありませんが。)

スマートフォンやパソコンでも英単語は調べられますが、調べる速度が違います。電子辞書のほうが圧倒的に早いです。

また、例文表示や英英辞典での検索など、英語学習に欠かせない機能が電子辞書にはあります。英英辞典で調べる癖をつけると、英語を英語のまま理解する力がかなり伸びるのを実感できますよ。

高価なものでなくてもいいのですが、どうせ買うなら絶対に外せないという機能もあります。
電子辞書の選び方などはなぜ電子辞書?PCじゃだめ?で詳しく解説してます。

上に