ホームへ

1年で840点突破!

なぜ電子辞書?PCじゃダメ?英語学習におすすめの一台は?

広告

Q:なぜ電子辞書なんでしょうか、パソコンで調べてはダメですか?おすすめのものがあれば教えてください。

A:英英辞典が入っている、複数の英和辞典で調べられる、持ち運び簡単ですぐに使える、これが電子辞書の魅力です。

勉強7ヶ月目からは、英英辞典で調べながら英語力UP

電子辞書の一つ目の魅力は英英辞典を収録していることです。

「わからない単語があったら英英辞典で調べる」
よく言われることです。これは

ためです。

英和辞典で調べると日本語で説明されているので、英単語の持つニュアンス、ハートで感じる部分がどうしても伝えきれず、正しく理解できないことがあります。

正しい意味を捉えつつ、英語の読解力を鍛えられるので英英辞典はとても有効です。 ただし、実力が伴わないうちから無理しないでください。

1年勉強法で言えば、7ヶ月目、後半に入ってからでいいです。 英英辞典でわからないときは素直に英和に切り替えましょう。

モードを切り替えるだけで英和で検索してくれ、再度入力の必要が無いのも電子辞書のよいところですね。調べるのにかける時間は短いに越したことはありません。

複数の辞典で調べて、正しい意味を把握できる

1つの辞典では、載っていない単語に出会うことはあります。

また収録はされていても、文脈に適した訳が書かれていないことは結構あります。

複数の辞典で横断的に調べられないと、単語や熟語の意味を調べ切れないケースが出てきてしまうんですね。

また、辞典によって解説や例文の充実度が異なります。1つの辞典ではすっきりしなかったところも、複数の辞典を横断して学ぶことで深く理解できます。

英英辞典の説明がうまく理解できず、和英ですっきりしないながらもなんとなくイメージをつかみ、再度英英辞典に戻って納得する、そんなケースは多々ありました。

一度入力すればあとはモードを切り替えるだけですぐに英英・英和と両方の辞書を比較できる、これは電子辞書ならではの機能です。

私の電子辞書は英和辞典が1冊しか収録されておらず、適切な訳が見つからないことは結構ありました。

1台の電子辞書に複数の英和辞典が収録されていると最高ですね。

英英辞典が読めるようになれば、英和辞典2冊は必須ではありませんが、あったほうが楽ですよ。

持ち運びに便利で、起動も早い

どんな隙間時間でも勉強できるように英語教材は常に持ち歩いていました。そうすると必然的に辞書も常に持ち歩く必要があります。

わからないところはメモしておいて、あとで調べるのはおすすめできません。

疑問がでたらその場で解決。それが一番頭に残りますし、そのときの勉強もはかどります。

ノートパソコンを常に持ち歩いているのなら、すぐ調べられますが、起動の早さが違います。取り出したら即使える。この速さは魅力的です。

しかも一度単語を入力したら、モードを切り替えるだけで、英英・英和とすぐに比較できるのもスピードに輪をかけます。

おすすめの電子辞書と選び方

安くていいです。白黒でいいですし、TOEIC問題集とか特別な機能はいりません。

絶対はずせないのは、OXFORDの英英辞典が入っていることです。

欲を言えば音声が聞こえるとなおよしです。

音声は必須ではありませんが、調べた単語の読み方を聞くことができるのは助かります。私は音声機能が無かったので、「聞きたい!!!」とかなり衝動に駆られました。(発音記号だけでは不安でした)

音声機能があっても、英和辞典1冊のみで英英辞典が無いものはダメですよ。絶対後悔します。

まとめるとこうです。

おすすめ!機能・価格ともに最高のバランス

PW-AM700

シャープ PW-AM700 別ウィンドウで開く

18,000円程度
Amazon

シャープのPW-AM700シリーズ 別ウィンドウで開くは機能と価格のバランスが最高です。

・OXFORDの英英辞典、ジーニアスの英和辞典を収録、
・音声機能で発音が確認できる、
・胸ポケットに入るコンパクトさ:幅128.0x奥行83.5x厚さ15.1mm(閉時・最薄部)
・それでいて1万円をきる価格。

英和辞典が1冊というのは残念ですが、このコストパフォーマンスなら納得です。

私が使用しているのはPW-S7100という、このシリーズの音声なし版で、8000円程度。今はなくなってしまいましたね。

上に