ホームへ

1年で840点突破!

英語初心者向けのおすすめ追加教材は?

広告

Q:英会話ぜったい音読入門編1レッスンでは時間が余ります。初心者向けの追加教材はありますか?

A:A:「ぜったい音読・続入門編」を1レッスン追加するか、「速読英単語・入門編」がおすすめです。

「英会話ぜったい音読・標準編」が難しいと感じる方には「英会話ぜったい音読・入門編」からはじめることをおすすめしています。難易度的にはこれでいいのですが、入門編は1レッスンの英語量が少ないので時間が余ってしまうことがあります。

時間が余るなら、ぜひ勉強に当てて欲しいのですが、その場合、「ぜったい音読・入門編」に「ぜったい音読続・入門編」を1レッスン追加し、1日に合計2レッスンするのがおすすめです。

2冊並行は嫌だという方は「ぜったい音読・入門編」を2レッスンでも良いですが、進めるのは1冊につき1日2レッスンまでにしましょう。

これは「英会話ぜったい音読・標準編の勉強方法」でも説明していますが、1冊終えるのに1ヶ月以上かけるようにしたほうが記憶に残りやすいからです。例えば、1日2回勉強するより、翌日復習したほうが記憶に残りますよね?

特に1ヶ月程度かけて復習するのが記憶するには効果的とされています。1日2レッスンでちょうど30日で1冊終えることになります。ほぼ1ヶ月ですがちょっと短いですね。(各レッスン、最初の勉強から24日後に最後の復習をすることになりますよね。)

なので2レッスンするなら、入門編1レッスン、続・入門編1レッスンとして2冊に分けたほうが復習の効果が高くなるのでおすすめです。
そうすると、それぞれを2ヶ月かけて勉強できます。

入門編の詳細については「もっと簡単なレベルの英語からはじめたい」で説明していますので、そちらをご覧ください。

もしこれでも時間が余るなら「速読英単語・入門編」がおすすめです。
こちらは入門編と言っても「ぜったい音読・入門編」よりは難しいです。むしろ「ぜったい音読・標準編」に近いですが、単語の解説ページもあるので結構理解できると思います。

速読英単語・入門編については「時間が余る、追加教材は?」で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

上に